取引に勝つために

取引に勝つために

パソコンの前に座り、リアルタイムで変化している相場を見ていると理由無くトレードをしたくなるという欲求に突き動かされる人も少なくないと思います。

 

しかし、不明瞭な思いで取引することだけは、絶対に避けてほしい。

 

事実、市場は年中いつでもどこかで市場は開かれているし、為替レートも動いています。

 

しかしながら、立て続けに売買をしていると、その分だけ損失を被る危険性が高くなってしまいます。

 

もちろん、トレードの数を経験することによってだんだんと勝ち負けの確率が50%、50%になっていきます。

 

けれどもこの事は「なんだか分からないアイデアで取引」とは別の話だ。

 

注文回数を重ねる意味というのは、自ら「ここは!」と直感した時機を持ったうえでのエントリー回数を積むという事です。

 

ただ、売買を経験するのとは異なります。

 

相場の戦いに臨むには、自ずから主体的にメリハリをつけることこそが肝心です。

 

「ここで勝負」と思い至ったマーケットの時には、いっそ所有ポジションを増やして、思い切り利益を追求する。

 

「明らかに分かりにくいマーケットでどう変化するのか理解できないな」と思った時は、潔く諦めて所有ポジションをひとつ残らずクローズして黙っています。

 

このくらいのテンポでやった方が、結果的には取引は勝てます。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

 

本当にその通り。

 

取引とは常時ポジションを保持する事が大事ではなく何も所持せず静観していることも事態によっては、取引です。

 

それでは、どのタイミングで休むといいのでしょうか。

 

ひとつは、前述の通り、直近の外国為替相場が曖昧で理解できない時です。

 

今からどちらにいくのか見通せない時は間違って判断すると、自分自身の書いた台本とは逆に市場が変動してしまい損失を被る事になります。

 

だから、こういった場合はポジションを閉じ、何もせずに黙ってみているだけが最善の策です。

 

もうひとつは、自身の体調が悪いときです。

 

体の具合と相場に関係がない思う方もいますが意外と関係あります。

 

体の調子がよくなければ為替相場の判断しなければいけないところで冷静な決断を下すことができない。

 

気分が進まない時は、マーケットから目をそらす事も重要な事です。

 



関連記事

  1. 過去の浮気・不倫に苦しい罪の意識が伴う
  2. 取引に勝つために
  3. テスト